Monthly Archives 1月 2018

注目の就職サポート

2018.01.11
/ / /
Comments Closed

講座今更ですが、世のさまざまな国家資格を有された方々が、労せずして各々の資格を活かした専門分野のプロフェッショナルとして、従事あるいは独立開業されている訳ではありません。国家資格はあくまで、その資格を有して初めて「仕事」と出来る、いわば免許証的な資格であり、自らを雇用してくれる、あるいは独立開業から看板を掲げぬ限り、1円にもならないのが、経済社会に於ける現実なのです。

ですが殆どの国家資格取得を目指される方々が、目指す分野と深い接点を持っておられるとは限りません。だからこそ目指す専門分野へと続く扉を開いてくれる資格講座には、合格後の就職サポートを期待したいところです。努力が叶って公認会計士として歩み出す資格を手にするも、次のステップとなる仕事先、更にはその手前の修行経験を積める環境が見当たらなければ、念願の国家資格も履歴書を1行埋めるだけの、辛辣な表現を用いれば「お飾り」「過去の努力の記録」となってしまい兼ねません。

多くの利用者をプロの土俵に送り出す実績を誇る資格講座は、つい見過しがちな就職に関するフォロー態勢にも力を注いでいます。ご自身が活用される講座の絞り込みに際しては、ぜひこの部分にも着目から、疑問点があれば臆せず問い合わせての確認作業を徹底される事をお薦めします、

講座内容確認の重要性

2018.01.05
/ / /
Comments Closed

ノート公認会計士合格を目指し、試験日当日までの日々のライフプランも再構築しつつ、どの資格講座を活用すべきかの選択作業を進められるに際しては、候補に挙げられた各々の内容を、まずはより深く正しく把握する姿勢が欠かせません。各講座は各々への参加活用のメリットを前面に謳って当然ですので、まずは魅力的な文言や表現に安易に惹かれず、あくまでデータとして冷静に捉えた上での比較検討作業をお薦めします

仮に通学するのであれば、単に治める受講料の金額の大小だけでなく、通学に要する時間と労力や交通費、お仕事をお持ちであれば確実に出席可能か否かなど、本業との兼ね合いなどがチェックポイントです。対して通信講座であれば、どれだけ細やかに自身に寄り添った指導が届けられるかなど、質の部分に着目した比較検討プラス、自身の意思で修了まで完走出来るのか、自らの強い意志の確認作業も欠かせません。資格試験合格は冷静に見れば、公認会計士としてのスタートラインに立てた段階に過ぎないのも現実なのです。

そしてもう1点、試験合格に必要な専門的な知識の習得以外にも、講座主催者からのサポートとして見過ごせぬポイント、それが合格後にみなさんが公認会計士として歩み始めるに際し、必要となる就職サポート面である事実も見過ごせません。

公認会計士として歩む

2018.01.04
/ / /
Comments Closed

スーツ国家資格に関する世間の多くの方々の大いなる誤解に、資格取得イコール即、その分野の専門家として仕事を始められるとの解釈が見過ごせません。例えば超難関と周知される弁護士資格など、合格と同時に弁護士としての仕事が約束されている感が否めませんが、実際にはその限りではありません。あくまで弁護士を名乗り、弁護士としての活動が許される資格を得た、すなわちスタートラインにようやく立てた段階が、試験に合格からの資格取得なのです。各資格毎にそれなりの差こそみられますが、この現実は全ての国家資格に共通しており、時代を問わず安定した志望者数を数える公認会計士にしても同様です。

世の中の安定したニーズに応えるには、相応の有資格者の存在が不可欠ですが、それでも年々有資格者が増加を続ける中、プロフェッショナルとして100パーセント仕事の場が与えられるとは限りません。まして即独立開業は全ての世界に於いて非常にハイリスクであり、まずは公認会計士の卵として、諸先輩に学びつつ実務を経験出来る職場環境の確保が欠かせません。この就職からの現場での経験無くしての独立開業は、やはり無謀と指摘されても致し方無く、その後のライフプランとしてもお薦め出来ない、ある意味ハイリスクな進路選択と言えるでしょう。

ここでは多くの方々が見落としがちな、資格取得後の就職という現実問題に視線を合わせ、就職サポートが充実した公認会計士講座選択のメリットと、その理由を掘り下げての確認作業を進めてまいります。